奈良の柿は、標高100m〜400mの傾斜地で栽培されています。
年間平均気温14〜15℃で収穫期の温度差が適度にあり、柿を育てるのに大変適した風土です。
長い歴史と新しい技術に支えられ、多くの若い農業者が意欲的に柿づくりに取り組んでいます。

刀根早生

奈良県で発見され、1980年に品種登録された刀根早生は、今や富有に次ぐ品種としてまったりとして滑らかな味が広く好まれています。
富有

標高300m前後の山肌に柿産地が広がり、朝晩の冷え込みと日中の晴天が品質の良い富有を育てます。一度食べたら忘れられない奈良の味、一度は送りたい秋の果物です。